旅と服と私 shufu2009.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

晩婚40代、夫1人幼児2人と主婦の私.


by shufu2009
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:-kimono_反物,仕立て( 2 )


初めてのお仕立て屋さん


先週の子供達の不調が私に降りかかってきた今週。発熱したり、身体が重だるかったり、休み休みのんびり稼働しています。

先日はチラリと書きましたが、初めてのお仕立て屋さん 和裁専門店へ行ってまいりました。着付け教室の先生に教えていただいたお店です。


お持ちした反物はこちら。


a0326235_13551132.jpg


以前にupしたこちらの紬。
袷のお着物でお願いしました。
八掛は無難に反物の中の一色から選びました。
悩んだのは仕立て方。写真でもなんとなくわかるよう、4つに染めがわかれているためどのように柄を持ってくるか悩みました(お仕立て屋さんにご相談させていただきました)。縞が交互になるような追っかけ?追い裁ちにするのか、縞を背中心で揃えるか、脇で合わせるか、脇と袖口と合わせるか。
持って行って採寸してもらったら終わりだと思っていただけに、最初は何を問われているかもわからない状態でしたが、優しいご主人にわかりやーすく、実際に反物を広げてこんな感じと見せてくれて、なんとかなんとか理解しオーダーすることができました。



a0326235_13551109.jpg


色がとんでしまっていますが、、、
墨黒に紫を混ぜたようなお色に蛍ぼかし。
こちらは単衣でお願いしました。
袷にするか単衣にするか悩みましたが、この反物に合わせて購入した帯の反物が夏物ぽかったし、お色も黒ほど重たくないしニュアンスあるので夏でも暑苦しくないかな、と。

ちなみに合わせて購入した帯の反物はこちら。

a0326235_13551266.jpg




a0326235_13551237.jpg


夏の定番?阿波しじら。
もちろん単衣。広衿仕立てで。
ちょっと地味すぎたかなーとも思うけどヤフオクでお安く手に入ったので文句ナシ‼︎



これらをお渡ししてきたのですが、出来上がりは、、、まだまだ。というのも採寸いただいた寸法を着付け教室の先生にチェックしていただかねばならないからなのです。なんでも私の習っている着付けの流派?は一般的な寸法とはやや違う?らしく、お仕立て屋さんが採寸した寸法を書いたカルテのコピーを持たせてくれ、これを先生に見ていただいてご連絡くださいとのことでした。なので、出来上がりはまだ先、、、阿波しじらの出番はこの夏に間に合うのだろうか笑。


そうそう、今回のお店では採寸し仕立てカルテを作ってくださいました。チェキで顔写真まで撮ってカルテに貼ってくださるのには「へぇ〜」と驚きつつ感心しつつ。
あと採寸箇所って多いんですねー。ネットで頼む感じで、身長、裄丈、身丈、腰回り(ヒップ)くらいかと思っていたら、ももの周りとか首回りとか。意外と多くのサイジングをするのだなぁと驚きました。でも自分の色々なサイズを知れるってなんだか楽しく嬉しかったです。これはお洋服選びにも役立ちそう‼︎


何はともあれ、初めてのお仕立て屋さん。敷居が高いのかなー、とドキドキしていたけれどそんなことなくとっても楽しく終わりました。と同時に今後何かあったらこの人に相談したらいいんだ‼︎っていう安心感を得られました。

は〜、楽しかった。
早く先生に寸法を確認してもらわなきゃ〜。






[PR]
by shufu2009 | 2015-06-19 14:00 | -kimono_反物,仕立て | Comments(0)

例の紬の反物


呉服屋さん云々について昨日upしたその日にタイミング良く水通しが終わったと連絡がありましたので、早速ピックアップに伺いました。

a0326235_16004417.jpg


特にどちらのものっていうタグはついておらず。そして私も踏み入って店員さんとお話ししなかったので、どこのどんなものかわからず。←聞いておけば良かった‼︎

確かセールのときの店長さんの話では単衣でなく袷に誂える紬、というようなことを仰っていたような。←やっぱりどこの何だか聞いておけば良かった‼︎


事故的に足を踏み入れたセール会場、胡散臭い?感じもし、やや強引にも思える販売手法には辟易としていましたが、着せ付けてもらったときのこの紬の感じと色が意外と良かったのです(スタッフさんに煽てられたから、じゃないと思うけど笑、似合っていた気がする)。落ち着いていながらも女性らしく、のっぺりした色味でなく動きというか表情があっていいなぁ、と。しかも反物価格、手に届くし、初めての1着に良いなぁと感じました。


スタッフさんは販売価格の80%offな似合えば超お買い得反物です‼︎と力を入れて言っていたけれど、80%offは特に魅力ではなく、、、要は今売られているその価格(sale価格)がお品物に見合っているかどうかだと思っている私。正直、その今までつけていたという販売価格の設定は眉ツバものな気がするわけで。
そんなこんなを頭の中でクルクルっと考えて、今回は「このお品にこの価格ならば見合っている、いやお買い得」と判断したので購入しました。例え言葉は悪くお品物に価格が見合っていなくて騙されたとしても、自分がそのとき良いと思ったのだからそちらの気持ちを大切にしたいと思います(騙されたーなんて思うと悔しいしね笑)。


お着物生活は始まったばかり。生地もまた見て、触れて、感じて、話して、お勉強していきたいものです。




[PR]
by shufu2009 | 2015-06-12 16:07 | -kimono_反物,仕立て | Comments(0)